MENU

トヨタセリカ2.0 GT-FOUR WRC仕様車の買取査定価格は「25万円」です!(走行距離によっても大きく変動します)

 

トヨタセリカGT-FOUR買取り

 

平成6年(1994年式)トヨタセリカGT-FOUR-WRC(2.0MT)の買取査定価格を予想します。今回売却予想した車は、走行距離13万キロの車両でした。

 

中古車は、そのモノの特性上、中古車なので当然ですが個々の車両で状態が全く違ってきます。同じ年式で同じグレードの車両でも、まず同じ価格で取引されることはありません。そして、コレも中古車の特性になりますが、毎日確実に価格が変動・減少していきますので、少しでも高く売却したいと思っている方は、現状いくらなのか?を調べておくと今後の交渉に使えますのでおすすめです。

 

基本的には、毎日減少していますが、ココの状態も加味して買取査定していますので、思っていたよりも高くなった。というケースももちろんあるということを覚えておいてください。

 

トヨタセリカ(E-ST205)は、平成6年(1994年)に登場したモデルで人気のあるスポーツカーです。

 

2000ccエンジンを搭載。ミッションは5速MT。駆動方式は四駆(4wd)で、すでに24年も前の車です。セリカが販売されていた当時、俗に言う「スペシャリティカー」に位置付けていて、多くの方に親しまれていた車です。既に生産・販売は終わっていますが、未だに人気があり、しっかりと売却先を見極めることで高値で買い取りされている数少ない車両とも言えます。

 

基本的には価値は下がっていないと判断できますが、それでもすべての方に人気があるわけではありません。こういったスペシャリティーカーは、ごく一部の層に人気がありますので、専門店・大手買取店等への売却することで高価買取が可能です。

 

ディーラーに買取り査定を依頼したら0円査定!1円にもなりません。

トヨタセリカ(E-ST205)は、すでに24年も前の車です。ですので、基本的には価値は見いだせないのが一般的なんです。ですので、ディーラーへの下取りだったり、査定を依頼するとたいていの方がビックリされるそうです。「もっと価値のある車でしょ?」と思ったところで、ディーラーにはあまり響かないのが、この手の車だと思います。

 

実際に下取りで0円査定をされた場合は、そのまま渡してしまってはもったいないので、買取店での査定をしてみてください。0円の査定はまず間違いなくなくなるでしょう。今回売却したセリカ以外の車(セリカ)はいくらで買取査定されているのか表を作成したので参考にしてください。

 

スマホからでも簡単に愛車の買取査定価格を調べることができます。

業界でもっとも入力フォームが少なく・高く買取できると評判の査定サービスはコチラ。
車査定比較.com(ウェブクルー)でセリカの査定をしました車査定比較でセリカの買取価格相場を調べてみる(無料)

 

年式 買取価格(査定社数) グレード 走行距離
2006(H18) 10万円(3社) トヨタ セリカ1.8 SS-II スーパーストラットパッケージ6MT 9万キロ
2005(H17) 50万円(4社) トヨタ セリカ1.8 SS-II 最終型メカニカルエアロ (ブルーブラックマイカ・ETCナビ後カメラ・6MT) 4万キロ
2004(H16) 10万円(2社) トヨタ セリカ1.8 SS-II(黒)フロアMTモード付4AT 10万キロ
2002(H14) 9万円(2社) セリカ1.8 SS-II(外エアロ・ダウンサス・外17インチアルミ・黒) 8万キロ
1999(H11) 18万円(3社) セリカ2.0 SS-I(ST205/ナビETC禁煙車最終モデルブラック)4AT 5万キロ
1997(H9) 55万円(6社) セリカ2.0 GT-FOUR(4WD/F5/ツインエントリーターボ /ブラック) 7万キロ
1995(H7) 54万円(5社) トヨタセリカgt-four(4WD/5MT/鍛造TE37/レカロシート/ETC/シルバー) 6万キロ
1994(H6) 32万円(4社) トヨタ セリカ2.0 GT-FOUR 4WD(ターボ/4wd/5速MT/車高調/黒/社外17インチ/タコメーター/HDDナビ) 11万キロ
1994(H6) 12万円(1社) セリカ2.0 SS-II(スーパーストラットサスペンション装着車/5MT/大型Rスポ/ENKEI16AW/マフラー/ホワイト/修復あり) 8万キロ
1994(H6) 8万円(1社) セリカSS-I(4WS装着車/ETC/15インチアルミ/シルバーメタリック) 7万キロ

車を高く売るなら

車を高く売るなら

車査定について

買取り業者の評判

車買取査定コラム

自動車ローン

カーシェアリングについて

このページの先頭へ