MENU

軽自動車から普通車へ買い替える!維持費は3万円しか違わない?

軽自動車と普通車の維持費の違い

 

コンパクトで燃費がよく維持費等お金があまりかからないといわれている軽自動車。車は乗れれば何でもいいという方や、車にはお金をかけたくないという方で軽自動車に乗っている方は多いように思います。

 

確かに軽自動車は維持費においては車の種類の中でも排気量が小さい分トップクラスにお金の節約できる車であることは間違いありませんが、意外にも普通車のものによっては比較してもそこまで大きな差はなかったりもします。

 

今回は軽自動車と普通車の維持費と、軽自動車から普通車へ変えるメリットについてお伝えしていきます。

 

 

軽自動車と普通車の維持費の違い

 

軽自動車と普通車の維持費で大きく変わるのは「固定費」です。

 

具体的に言いますと、「自動車税」「重量税」のこの2つです。

 

軽自動車は自動車税と重量税あわせて年間1万5千円程度。
普通車は自動車税と重量税あわせて年間4万5千円程度。

 

この差額としては3万くらいが軽自動車と普通車の違いになります。

 

他にも任意保険や自賠責保険・ガソリン代などいろいろかかわる費用がありますが、どちらもそこまで大きく変わりません。年間1万円も差はないでしょう。燃費にいたっては最近の軽自動車はゆったり空間の大きな車両であることが多く、燃費も意外と悪かったりしますし、普通車はハイブリッドが普及して軽自動車以上に燃費がよかったりもします。

 

 

 

軽自動車から普通車へ買い替えるメリット

 

軽自動車から普通車へ変えるメリットはたくさんありますが、わかりやすいところで4つ紹介させていただきました。1つずつ紹介していきます。

 

乗車人数

 

軽自動車は4名。 普通車は5名以上(車種による)

 

4人家族でしたら、最近の規格いっぱいで作られた軽自動車1台だけでも十分ですよね。ですが、5人以上の家族の方であればやはり5名以上乗れる普通車に乗る方が多いです。

 

燃費

 

普通車のハイブリッドカーは軽自動車を圧倒するほどの燃費の良さがあります。ハイブリッドカーなら普通車の燃費はかなり良い。

 

パワー

 

軽自動車は660ccなので、どうしても非力です。一人で運転ならまだしも、誰かを乗せるとエンジンが苦しそうですが、普通車なら人を乗せてもグングン進んでいく力強いパワーがあります。

 

高速走行

 

最近の軽自動車は、一昔前の軽自動車のようにあきらかなパワーの弱さや、車体剛性の低さを感じることはありません。

 

ですが、100キロ(q/h)以上のスピードでの高速道路巡行にはやはり不満が無いとは言えません。その点普通車であれば、高速道路でもパワーの不足も感じることなく楽々と安定した走りをすることができるので、長時間運転していても軽自動車と比べればダンゼン疲れにくいです。

 

 

軽自動車から普通車へ買い替えるメリットまとめ

 

軽自動車はコンパクトでお手軽ですが、その分だけボディの弱さ・パワーの少なさ・思ったより燃費がよくない・乗車人数は4名などのデメリットがあります。

 

上記にあげたデメリットにおいて気にしない方はいいのですが、ひとつでも気になる方は年間でみるとそこまで大きく維持費も数万円程度で思っている以上に変わらないので、今後乗り換えをする予定がある場合は普通車も候補のひとつに入れてみてもいいように私は思います。

関連ページ

軽自動車査定額が決まる仕組みと売り時・乗り換えるとお得なタイミング
軽自動車に限りませんが中古車には査定額の決まるしくみがあります。需要があれば高く、需要がなければ安くなります。なので軽自動車がいつ高く売れるのか?タイミングもありますのでしっかりと覚えて損をしない車の売却方法を検討してみては。
スズキジムニー新型2018!角ばったデザイン復活で試乗は3週間待ち?
遂に20年ぶりにフルモデルチェンジしてスズキジムニー新型2018、JB64が発売誕生しました。角ばったデザインが復活してメルセデスベンツのGクラスを小さくしたような外観がまた個性的で人気が出そうです。新型ジムニーの内装や燃費、評判はこちらからチェック。
ジムニーを中古車で購入する際の注意点は?失敗しない選び方は?
新型ジムニー4代目が出てきてジムニー市場は大盛り上がりですが、それでも新型だけがジムニーではありません!軽で安く買えるのによく走り本格的な四駆性能は世界のランクルにも引けを取りません。人気のジムニー中古車購入の注意点をまとめます。

車を高く売るなら

車を高く売るなら

車査定について

買取り業者の評判

車買取査定コラム

自動車ローン

カーシェアリングについて

このページの先頭へ