MENU

車を売る際の交渉のしかた

 

車を売る際の交渉のしかた

車を購入するときは、多少なりとも値段の割引交渉はすると思います。愛車を売却あるいは下取りに出す場合も同じことで、ディーラーや買取業者の言うがままに取引する必要はありません。その為に大事なことは急いで決めないことです。

 

買取業者の買取条件や査定の方法も様々、なるべく高値の査定金額で売却するためにもいろんな買取業者で査定を受けることは大事です。愛車を売却する時だけでなく、ディーラーに下取りに出す場合でも、買取業者の査定で高値の査定を引き出しておくことは大切になってきます。

 

例えば一例をあげると、まず、複数の買取業者の査定を受けて愛車の最大査定額を把握しておく。次にディーラーで、下取り無しで新車の価格交渉をする。ある程度納得いくまで値引き出来たら、事前に把握しておいた買取業者の査定額を引き合いに出しながら下取り額の上積み交渉をを行います。この結果納得いく価格が提示されるのであればそのまま下取りに出せばよいですし、ディーラーの下取り額に納得できなければ、新車の購入だけにして、旧車は買取業者に買い取ってもらえば良いということです。

 

ただ、ディーラーとは今後の付き合いもありますから、ある程度節度は持って交渉した方が良いでしょう。車を買うときも売る時も賢く交渉することが大切、その為にはある程度の「時間」は必要です。急いで決めずにしっかり準備して、賢く取引しましょう。

 

 

車を高く売るなら

車を高く売るなら

車査定について

買取り業者の評判

車買取査定コラム

自動車ローン

カーシェアリングについて

このページの先頭へ