カーシェアリングで事故を起こした時の対処法

 

カーシェアリング

 

カーシェアリング利用時に、万が一事故を起こしてしまった場合はどのように対処すればいいのでしょうか?ここでは、覚えておいて欲しい対処法についてお伝えします。

 

 

けが人を救護する

 

歩行者を負傷させてしまった場合は、すぐに救急車を呼んで下さい。そして、二次被害防止のために、車両を安全な場所へ移動させましょう。また、発煙筒や三角停止板などを使って周囲の車に事故が発生したことを知らせてください。

 

けが人をその場に放置して走り去った場合は、救護義務違反により刑罰を科せられることになりますので、絶対にその場から離れてはいけません。また、ガードレールや家屋などの「物」を破損させた場合も同様です。

 

 

警察へ連絡する

 

対人・対物に関わらず、交通事故を起こした時は、119番だけでなく警察にも連絡しなければなりません。これは、自分が被害者だろうが加害者だろうが関係ありません。警察への連絡を怠ると、「道路交通法 72 条 1 項」により罰せられるので、必ず連絡しましょう。

 

 

相手の連絡先を確認する

 

交通事故を起こした時は、相手の連絡先を必ず確認しておきましょう。相手の氏名、連絡先、免許証や車検証、登録ナンバーなどを見せてもらうようにしてください。

 

 

カーシェアリング業者に連絡する

 

先述の3つを行なったら、必ずカーシェアリング業者に事故を起こしたことを連絡してください。注意して欲しいのが、交通事故を起こした場所から連絡するということです。車を返却してから連絡するなど、事後報告は絶対に止めてください。また、示談については当人同士で行わず、カーシェアリング業者や保険会社に指示を仰ぐようにしてください。

 

 

車が故障してしまった時の対処法

 

万が一、走行中に車が故障してしまった場合は、その場でカーシェアリング業者に連絡してください。ちょっとした擦り傷や凹みであっても、必ず連絡してください。

 

カーシェアリングでは利用料金に自動車保険料が含まれているので、基本的に利用者が修理費用を負担することはありません。しかし、連絡を怠ると、後から修理費用を請求されたり、会員資格を抹消される恐れがあります。ですので、どんなに些細な故障であっても、必ず業者に連絡するようにしてください。

 

お車の買い替えをご検討中の方へ

■下取り相場を知らないと損をします

よくある失敗はディーラーで好条件を提示され、具体的な下取り相場を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件のようでも実は相場より安く、損をしてしまうことが多いです。

■買取専門店にお願いするの方法

買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、ディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いです。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店の査定額を調べられるので便利です。(無料)

■スマホで簡単に愛車の査定額を調べられる

ズバット車買取比較ならスマホやタブレットで、調べたいときにすぐに愛車の査定額を調べることができます。膨大な過去の買取データがあるので愛車が今いくらで売れるのかがすぐにわかるんです。しつこい営業電話もありません。
必ず売却しなければいけない査定サービスではないので、何度でも利用することができます。(無料)

カーセンサー簡単ネット査定で愛車の査定価格相場を調べてみる
TOPへ