クレジットカード無しでもカーシェアリングを使える?

 

カーシェアリング

 

カーシェアリングの利用者は年々増加しています。2010年時点で10万人前後だった利用者は、2016年には70万人にまで増加しています。使用される車両の台数も2010年時点で1,200台程度だったのが2016年には2万台弱にまで増加しています。利用者・車両台数ともに、今後も増え続けることは間違いありません。

 

そんなカーシェアリングですが、まだまだ不明瞭な点が多く、なかなか利用する気にならない人が多いのも現実です。そして、多くの人がこんな疑問を抱いています。「クレジットカードを持っていないと、カーシェアリングは利用できないのか?」

 

レンタカーの場合、現金払いに対応しているので、クレジットカードを持っていなくても利用することができます。では、カーシェアリングの場合はどうなのか?その答えを調べてみました。

 

結論から言うと、カーシェアリングを利用するにはクレジットカードが必要となります。そして、現金払いや口座振替には対応していません。

 

では、デビットカードはどうでしょうか?ちなみにデビットカードとは、即決済となるカードのことです。クレジットカードの場合だと、口座から引き落とされるのは利用した翌月以降となるのが一般的ですが、デビットカード場合、利用した時点ですぐに口座から代金が引き落とされます。つまり、利用時にお金が口座に入っていないとカードを使うことはできません。

 

残念ながら、カーシェアリングではデビットカードを使うことはできません。「デビットカードも使えた」という意見がチラホラと見受けられますが、あまりにも不正確な情報なので信憑性に欠けます。少なくともタイムズカープラスやオリックスカーシェアなどの大手業者では、「デビットカードは利用できない」という内容が規約に書かれています。

 

クレジットカードを持ってない人が唯一カーシェアリングを利用できる方法は「家族会員」に登録することです。家族会員とはカーシェアリングを利用したい家族全員が登録して、カーシェアリングを利用するというもの。

 

家族の誰かがクレジットカードを持っていれば、その人の名義のカードで支払うことができます。しかし、家族会員に登録するには、家族全員の運転免許証のコピーが必要となります。なので、「家族が運転免許証を持っていない」「家族が遠方に住んでいる」という場合だと、利用は難しいでしょう。

 

やはり、カーシェアリングを手軽で頻繁に利用したいのであれば、クレジットカードを作るしかありません。ここ最近では、「三菱地所グループカード」や「セディナ・ハローキティカード」など、比較的審査に通りやすいクレジットカードが多数ありますので、「クレジットカードを持っていないけどカーシェアリングをどうしても利用したいんだ!」という人は、作ることを検討されてはいかがでしょうか?

お車の買い替えをご検討中の方へ

■下取り相場を知らないと損をします

よくある失敗はディーラーで好条件を提示され、具体的な下取り相場を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件のようでも実は相場より安く、損をしてしまうことが多いです。

■買取専門店にお願いするの方法

買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、ディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いです。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店の査定額を調べられるので便利です。(無料)

■スマホで簡単に愛車の査定額を調べられる

ズバット車買取比較ならスマホやタブレットで、調べたいときにすぐに愛車の査定額を調べることができます。膨大な過去の買取データがあるので愛車が今いくらで売れるのかがすぐにわかるんです。しつこい営業電話もありません。
必ず売却しなければいけない査定サービスではないので、何度でも利用することができます。(無料)

カーセンサー簡単ネット査定で愛車の査定価格相場を調べてみる
TOPへ