カーシェアリングのガソリンは誰が給油するの?費用は自己負担?

 

カーシェアリング

 

レンタカーでは車を返却する際に給油することが義務付けられています。もちろん、給油にかかる費用は自分で支払う必要があります。一方、カーシェアリングでも利用者が給油してステーションに返却するという仕組みになっています。

 

そもそも、カーシェアリングにはレンタカーのような店舗や車を管理する店員が存在しませんので、利用者が給油しないとその車のガソリンは空になっています。「給油をしてから返却する」という部分だけを見ると、レンタカーもカーシェアリングも変わらないように思えます。しかし、詳しく見てみると、両者には大きく異る点があるのです。

 

カーシェアリングにおける給油はレンタカーのような「義務」ではありません。どういうことかと言うと、利用者が給油することの見返りとして利用料金を割引するというシステムが導入されているんです。しかも、給油にかかる費用は利用料金に含まれているので、無料でガソリンを入れることができます。車内に設置されている「給油カード」をガソリンスタンドで使えば、料金を支払うことなく給油することができる仕組みになっているのです。

 

「でも、ガソリンを入れるのは面倒だから、誰も給油しないのでは?」と思われるかもしれませんね。しかし、先程お伝えした「割引制度」のおかげで、ほとんどの利用者は給油してから車を返却しています。では、この割引制度について詳しく見ていきましょう。割引制度はカーシェアリング業者によって異なります。

 

まず、タイムズカープラスでは、「燃料メータが半分になったら給油する」というルールが設けられています。そして給油すると、15分の利用料金を割引してくれるんです。

 

次にカレコ・カーシェアリングクラブですが、こちらもタイムズカープラス同様、「燃料メータが半分になったら給油する」というルールを定めています。そして、ガソリンを10リットル以上入れると、300円分のクーポンがもらえます。このクーポンは翌月以降の利用料金に充てることができます。

 

最後に、オリックスカーシェアでは「燃料メータが3分の1以下になったら給油する」というルールが定められています。給油すると、15分間分の利用料金が割引されます。ただし、パック料金を利用した場合は、割引きは適用されません。

 

なお、上記以外のカーシェアリング業者では今のところ、給油割引きを実施していません。でも、給油は無料で行えます。レンタカーに比べると圧倒的にお得ですよね。「レンタカーのガソリン代が痛い出費だ」「レンタカーよりもお得に利用したい」と考えている人は、給油代金無料のカーシェアリングが便利ですよ。

 

お車の買い替えをご検討中の方へ

■下取り相場を知らないと損をします

よくある失敗はディーラーで好条件を提示され、具体的な下取り相場を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件のようでも実は相場より安く、損をしてしまうことが多いです。

■買取専門店にお願いするの方法

買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、ディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いです。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店の査定額を調べられるので便利です。(無料)

■スマホで簡単に愛車の査定額を調べられる

ズバット車買取比較ならスマホやタブレットで、調べたいときにすぐに愛車の査定額を調べることができます。膨大な過去の買取データがあるので愛車が今いくらで売れるのかがすぐにわかるんです。しつこい営業電話もありません。
必ず売却しなければいけない査定サービスではないので、何度でも利用することができます。(無料)

カーセンサー簡単ネット査定で愛車の査定価格相場を調べてみる
TOPへ