カーシェアリングに付帯する保険について

 

カーシェアリング

 

カーシェアリングの利用料金には自動車保険料が含まれています。レンタカーの場合だと、借りる度に免責補償に加入する必要があるので面倒ですが、カーシェアリングにおいてはその必要はありません。ではどのような内容となっているのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

 

対人補償

 

事故によって他人を死傷させた場合に支払われる保険のことです。免責金額は0円です。免責金額とは保険を使う際に、自己負担が必要となる金額のことです。つまりカーシェアリングでは、万が一事故を起こしても免責額を自己負担する必要はありません。

 

 

対物補償

 

他の車やガードレール、電柱などのモノを破損させた場合に支払われる保険です。こちらも免責額は0円となっています。

 

 

車両補償

 

事故が原因で利用中のカーシェアリング車両が破損した場合に支払われる保険となります。こちらも免責額は0円です。

 

 

人身傷害補償

 

事故によって自分又は同乗者が死傷した場合に支払われる保険です。1人につき 3,000万円〜無制限となっています。この場合、自分の過失で事故を起こした場合でも補償してもらえます。

 

 

以上がカーシェアリングの基本的な保険(補償)内容となっています。どの業者でも上記のような補償内容となっていますが、必ず利用前に確認しましょう。

 

レンタカーの場合だと、車を借りる際に一日当たり1,080円〜2,160円の免責補償制度の加入料が必要となりますが、カーシェアリングでは免責金を支払う必要はありません。かなり充実した補償内容であることがお分かり頂けたでしょうか?

 

 

ノンオペレーションチャージに注意!

 

カーシェアリングの利用料金に自動車保険料が含まれているからと言って、車を破損させても全くお金を支払わなくてよいというわけではありません。実はノンオペレーションチャージ(NOC)というものが存在します。

 

これは簡単に言うと、「カーシェリングで使用した車を破損させた場合、罰金を支払ってください」という制度のことです。車を破損させた場合、業者は車を修理に出す必要があります。当然修理に出している間はその車を使用することはできません。

 

そのため、業者側は修理に出している車の休業補償として、破損させた人にペナルティ料金を請求することができるのです。これがノンオペレーションチャージです。一般的に、破損した車が自走可能なら2万円、自走不可能なら5万円を支払う必要があります。

 

ただし、タイムズカープラスでは「TCP安心補償サービス」というものが用意されており、利用前に309円を支払えば、万が一車を破損させてもノンオペレーションチャージを払う必要はありません。ちなみに他の業者では「TCP安心補償サービス」のようなノンオペレーションチャージの免責制度はありません。

 

車の運転が不安な方は必ず「TCP安心補償サービス」に加入しておきましょう。また、万一の事故が心配なら最初からタイムズカープラス以外の業者を利用しないようにしたほうが良いですね。

お車の買い替えをご検討中の方へ

■下取り相場を知らないと損をします

よくある失敗はディーラーで好条件を提示され、具体的な下取り相場を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件のようでも実は相場より安く、損をしてしまうことが多いです。

■買取専門店にお願いするの方法

買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、ディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いです。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店の査定額を調べられるので便利です。(無料)

■スマホで簡単に愛車の査定額を調べられる

ズバット車買取比較ならスマホやタブレットで、調べたいときにすぐに愛車の査定額を調べることができます。膨大な過去の買取データがあるので愛車が今いくらで売れるのかがすぐにわかるんです。しつこい営業電話もありません。
必ず売却しなければいけない査定サービスではないので、何度でも利用することができます。(無料)

カーセンサー簡単ネット査定で愛車の査定価格相場を調べてみる
TOPへ