MENU

フォルクスワーゲンの車にとりあえず乗り換えたいひと必見!

フォルクスワーゲンの車にとりあえず乗り換えたいひと必見!

昔の軽自動車は「走るカンオケだ!」などと言われている時代があったそうですが、だからわたしは黙って強靭なボディ剛性のある「憧れのドイツ車フォルクスワーゲンに乗りたい!」と叫んでいるわけではありません。

 

確かに安全性・ボディの強さがあればとうぜん買って良し、乗って良しで嬉しいですが、わたしの場合はただ単純に、おしゃれでかっこいいフォルクスワーゲン(Volkswagen)の車に乗りたい。わたしもフォルクスワーゲンオーナーになりたい!と思っているだけです。

 

ですが、今まで国産車にしか乗ったことのないわたしにとって、世界の大衆車(ゴルフのこと)と言われるフォルクスワーゲンの車を新車で買うなんてめっそうありません。それにそもそも車は中古車で十分と思っているタイプなので、車を購入するときはいつもコスパを重視しています。

 

車は車両本体を購入したら、それでおしまい。ではありません。購入後は必ず維持費が付いてきます。ですので、出来るだけ安く、そしてお得に100万円以下でフォルクスワーゲンの車両をゲットしたいと考えています。今回は、フォルクスワーゲン全車種をラインナップして紹介するつもりはありません。

 

もし、わたしのように

「憧れのフォルクスワーゲンオーナーになりたい」
「コスパの良いフォルクスワーゲンの車はどれ?」
「安全性の高いフォルクスワーゲン中古車はどれ?」
「フォルクスワーゲンの車にとりあえず乗り換えたい」
「100万円以下・50万円以下でフォルクスワーゲンに乗りたい」

 

わたしが購入したいフォルクスワーゲンの車は、基本的にはコンパクトなタイプが好みなので、いわゆるコンパクトカーの車種を厳選して紹介したいと思っています。これからフォルクスワーゲンの中古車を購入しようと考えているかたの参考にして頂けたらうれしいです。

 

フォルクスワーゲンの車に乗り換えるための条件

今回、本気でフォルクスワーゲンの車に乗り換えを検討していますので、それ相応の条件を用意しました。

 

  1. とにかく安いと嬉しい!(ボロいとかではありません)
  2. 燃費は最低でも10km/L
  3. 運転しやすいコンパクトタイプ(1700o程度)
  4. キーレスエントリーあり
  5. 横滑り防止装置あり
  6. エアバッグはあればあるだけ良し

 

わたしが厳選したフォルクスワーゲン車はこの8車種!

 

ポロ(中期※02年〜09年9月) ポロ(中期※02年〜09年9月)

ポロ(中期※02年〜09年9月)

丸目がかわいらしく女性も男性もフォルクスワーゲンらしく乗れそうな1台ですね!

 

ポロ(中期※02年〜09年9月)

ポロのこの後ろ姿にほれ込んだという方も多いのではないでしょうか?

 

ボディサイズは小さいですが、フォルクスワーゲンの持つ思想がぎっしりと詰まっている1台。丸型4灯式のヘッドライトがかわいらしい印象で男性も女性もファンは多いはず。運転席・助手席・サイドにエアバッグを標準装備。この年式ではありあまり安全装備でコスパが良いですね。さらに、2004年10月以降、マイナーチェンジで、ポロ全車にカーテンエアバッグを標準装備しています。これはスゴイ!

 

中古車市場では、15万円〜60万円の相場。

 

ボディサイズ(全長×全幅×全高) 3890×1665×1480(mm)
シート列数
燃費(km/L) 14.2
ホイールベース 2470mm
燃料 ハイオク
車両重量 1160kg
駆動方式 前輪駆動(FF)
最小回転半径 4.9m

 

装備 2004年10月〜2005年 2003年〜2004年式
エアバッグ 運転席・助手席・サイド・カーテン(全車標準装備) 運転席・助手席・サイド

EBD付きABS


横滑り防止装置
盗難防止装置
UVカットガラス
キーレスエントリー
ブレーキアシスト

 

ルポ(01年〜06年5月) ルポ(01年〜06年5月)

 

ルポ(01年〜06年5月)

白ルポはルポらしくて女性ウケも良さそうですね!

 

ルポ(01年〜06年5月)

こちらはルポGTI。マニュアルしかないのがちょっと残念。ATもあればもっと売れてるのではないかって思うのですが。

 

フォルクスワーゲンのエントリーモデルとして、ポロよりもさらにコンパクトなルポ。ボディサイズは小さいですが、それでも走行性能・クオリティは高く、しっかりと作りこまれている印象です。ヨーロッパでは1200tモデルが主力となっていましたが、国内では1400と1600tの2つをラインナップ。このかわいらしいデザインを20代30代の女性をターゲットにして発売されました。室内はお世辞にも広いとは言えませんが、デザインを気に入っていれば乗り換える価値あり。

 

中古車市場は安くてお手頃。15万円〜98万円(高い車両はGTIがほとんど)

 

ボディサイズ(全長×全幅×全高) 3525×1640×1475(mm)
シート列数
燃費(km/L) 14.8
ホイールベース 2320mm
燃料 ハイオク
車両重量 1000kg
駆動方式 前輪駆動(FF)
最小回転半径 4.7m

 

装備 ルポ GTI コンフォートパッケージ
エアバッグ 運転席・助手席・サイド 運転席・助手席・サイド

EBD付きABS


横滑り防止装置 --- ---
盗難防止装置
UVカットガラス
キーレスエントリー ---
ブレーキアシスト --- ---

ポロ(前期※96年〜02年5月) ポロ(前期※96年〜02年5月)

 

ポロ(前期※96年〜02年5月)

 

これまでのエンジンをこのときのポロ前期で一新!新たにオールアルミ製のエンジンを採用することにしました。ベースグレードは1400t。スポーツ仕様のGTIに1600tエンジンと5速マニュアル(5MT)を搭載。当時は個性的と言われたフロントマスクも今現在見てもそれほどの古さを感じません。むしろ、この角ばったボディが逆にイマドキな印象すらあります。誰ともかぶりたくないと思っているフォルクスワーゲン好きにはたまらないモデルです。

 

中古車市場では、15万円〜60万円で購入できます!

 

ボディサイズ(全長×全幅×全高) 3750×1660×1425(mm)
シート列数
燃費(km/L) 12.8
ホイールベース 2410mm
燃料 レギュラー
車両重量 1070kg
駆動方式 前輪駆動(FF)
最小回転半径 4.9 m

 

装備 ポロ GTI ポロ 1.4
エアバッグ 運転席・助手席・サイド 運転席・助手席・サイド

EBD付きABS


横滑り防止装置 --- ---
盗難防止装置
UVカットガラス --- ---
キーレスエントリー ---
ブレーキアシスト --- ---

ポロ(05年〜09年9月) ポロ(05年〜09年9月)

 

ポロ(05年〜09年9月)

 

ルポのような丸目だったヘッドライトをゴルフVのようなつりあがったヘッドライトに変更しました。フロントエアバッグ・サイド・カーテンエアバッグやESP・ブレーキアシストなど安全装備がかなり充実しているお買い得なモデルです。どのグレードを選んで標準装備になっているので中古車市場では球数もあって選びやすい。イマドキフェイスなポロが欲しいなら間違いなく買いですね。

 

中古車市場では、ポロツリ目25万円〜75万円相場。高い車両のほとんどはGTI。

 

ボディサイズ(全長×全幅×全高) 3915×1665×1480(mm)
シート列数
燃費(km/L) 14.2
ホイールベース 2470mm
燃料 ハイオク
車両重量 1160kg
駆動方式 前輪駆動(FF)
最小回転半径 4.9m

 

装備 ポロ GTI 1.4 コンフォートライン
エアバッグ 運転席・助手席・サイド・カーテン(全グレード標準装備) 運転席・助手席・サイド・カーテン(全グレード標準装備)

EBD付きABS


横滑り防止装置
盗難防止装置
UVカットガラス
キーレスエントリー
ブレーキアシスト

UP!(アップ)(15年6月〜生産中) UP!(アップ)(15年6月〜生産中)

 

UP!(アップ)(15年6月〜生産中)

 

「up!(アップ)」は、ワールドカー・オブ・ザイヤー賞を2012年に受賞しました。up!は過去に、フォルクスワーゲン最小コンパクトカーだった、ルポの後継モデルとして登場。エントリーモデルでは、149万円という安価な価格設定でありながら、自動ブレーキシステムのシティエマージェンシーブレーキを、全車に標準装備し販売当時も大変話題になりました。現在で一番小さかったポロよりもさらに、全長を450o短く設計。最小モデルにしながらも、大人が四人が不自由なく乗車できる空間を確保しています。

 

中古車市場では、初期モデル60万円〜150万円相場。日本で販売するフォルクスワーゲン車では最も燃費が良く、リッター23.1km/L低燃費なので、ハイブリッド車並みの燃費性能も欲しいと思っている人におすすめ。

 

ボディサイズ(全長×全幅×全高) 3915×1665×1480(mm)
シート列数
燃費(km/L) 14.2
ホイールベース 2470mm
燃料 ハイオク
車両重量 1160kg
駆動方式 前輪駆動(FF)
最小回転半径 4.9m

 

装備 ポロ GTI 1.4 コンフォートライン
エアバッグ 運転席・助手席・サイド・カーテン(全グレード標準装備) 運転席・助手席・サイド・カーテン(全グレード標準装備)

EBD付きABS


横滑り防止装置
盗難防止装置
UVカットガラス
キーレスエントリー
ブレーキアシスト

ゴルフ3代目!(92年04月〜98年07月)

 

ゴルフ3代目!(92年04月〜98年07月)

 

いわゆるゴルフ3代目です。エンジンは直4の1800tと、このときのゴルフでは初めての2000t搭載車も登場。トランスミッションは5速MTとこれまたゴルフ初の4速ATも採用しました。

 

中古車市場では、60万円〜90万円が相場。すでに20年以上も前のモデルのためタマ数は少なく価格も高騰傾向です。

 

ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4020×1695×1435(mm)
シート列数
燃費(km/L) 10.4
ホイールベース 2475mm
燃料 ハイオク
車両重量 1130kg
駆動方式 前輪駆動(FF)
最小回転半径 5m

 

装備 ゴルフ CLi GTI 16V
エアバッグ 運転席・助手席 運転席・助手席

EBD付きABS


横滑り防止装置 --- ---
盗難防止装置
UVカットガラス --- ---
キーレスエントリー --- ---
パワーウィンドウ

ゴルフ4代目!(98年08月〜04年05月)

 

ゴルフ4代目!(98年08月〜04年05月)

 

ゴルフも4代目ともなると、安全装備がかなり充実しています。2003年3月以降のモデルならカーテンエアバッグが全車標準装備になっています。(アインスのみを除く)ボディサイズが全長4155o、幅1735oになり、コンパクトというのは少し大きくなってしまいましたが、それでも中古車市場では価格も安価になっていてお手頃感が高いモデルです。

 

中古車市場では、20万円〜60万円とかなり安価に購入が可能(GTIやR32を除く)

 

ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4155×1735×1455(mm)
シート列数
燃費(km/L) 12
ホイールベース 2515mm
燃料 ハイオク
車両重量 1260kg
駆動方式 前輪駆動(FF)
最小回転半径 5.1 m

 

装備 2003年3月〜2004年 1998年〜2002年
エアバッグ 運転席・助手席・サイド・カーテン(全車標準装備) 運転席・助手席・サイド

EBD付きABS


横滑り防止装置
盗難防止装置
UVカットガラス
キーレスエントリー
ブレーキアシスト --- ---

ゴルフ5代目!(04年06月〜09年03月)

 

ゴルフ5代目!(04年06月〜09年03月)

 

ゴルフ5代目ともなると、4代目よりもさらにボディサイズは拡大。全長4225o、幅1760oといよいよコンパクトでは決してなくなった。エンジンは1600tと2000tの直4で、電子制御の6速ATが組み合わされ、スペックはさらに進化している。今までのゴルフの伝統を受け継ぎながらもデザインはよりイマドキに仕上がっています。4代目同様、サイド・カーテンエアバッグは標準装備で嬉しいですね。

 

中古車市場では、20万円〜120万円。2004年から2009年モデルまであり、紹介していた中では高年式になりますが50万円以下で購入できる車両がまだまだありかなりお得なモデルです。(GTIやR32を除く)

 

ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4225×1760×1500(mm)
シート列数
燃費(km/L) 14
ホイールベース 2575mm
燃料 ハイオク
車両重量 1410kg
駆動方式 前輪駆動(FF)
最小回転半径 5 m

 

装備 ゴルフGLi 05年 ゴルフ GT TSI
エアバッグ 運転席・助手席・サイド・カーテン(全車標準装備) 運転席・助手席・サイド・カーテン(全車標準装備)

EBD付きABS


横滑り防止装置
盗難防止装置
UVカットガラス
キーレスエントリー
ブレーキアシスト
クルーズコントロール
トラクションコントロール ---

今乗り換えたいフォルクスワーゲン車まとめ

こうしてみていると、フォルクスワーゲンの安全性へのこだわりは国産車と比べえると圧倒的ですね。

 

国産車では、2017年のいまだに一部の高級車でしか、サイド・カーテンエアバッグが標準装備になっていませんが、フォルクスワーゲンは12年も前のポロの時代からすでに安全装備を標準化しています。このように、ただフォルクスワーゲンの車に乗りたい。中古車で安価にフォルクスワーゲンに乗り換えたいと思っていただけだとしても、結果的にはイマドキの車のように安全性の高い車両に乗ることが中古車でも可能だということですね。

 

フォルクスワーゲンにいつか乗りたい!と思っていた人にとっては、安全性の面に注目することで価格うんぬんとも言わなくてももうひとつ乗り換える理由ができたのではないでしょうか。

 

わたしは今、平成23年式のジムニーに乗っているのですが、この車を売ってフォルクスワーゲンの中古車を購入したいなと思っています。フォルクスワーゲンの車を買ったときは、またこちらで紹介できればなと思っています。

関連ページ

雪道でも大丈夫!今から買う4WDスポーツカー8選【2017年】
スポーツカーにずっと乗っていたい。今からまた昔のように乗りたい。車を買うならスポーツカー!と思っていた10代20代の若者。それでも四駆縛りのある方も少なくないと思いますので、四駆でスポーツなカーに絞って紹介しています。
意外な結果!軽自動車とコンパクトカーどっちが維持費安いの?
大好きな車のことをライターの個人的な目線多めで紹介していきます。車が大好きな人の暇つぶし的なコンテンツにして頂けると嬉しいです!
ビッグモーターとガリバーの車買取どっちが良いのか比較【査定してきた】
大手中古車買取の二強と言えば、ビッグモーターとガリバーです。買取シェアのナンバーワンを争う二社で実際に査定をしてきました。どっちが良いのかわからない方の参考になれば嬉しいです。

車を高く売るなら

車を高く売るなら

車査定について

買取り業者の評判

車買取査定コラム

自動車ローン

カーシェアリングについて

このページの先頭へ