MENU

今買いたい!四駆スポーツカー8選!2017年

今買いたい!四駆スポーツカー8選!2017年

 

スポーツカーってとにかくかっこいいですよね!走ってよし、眺めていても良し、人に見せても良し(スポーツカー好きな人にしか見せないことが多いから、そんなに否定的なことを言われることはないw)

 

とにかくスポーツカーに乗りたいと思っている人は多いと思いますし、実際にすでに乗られている人ももちろん多いことでしょう。ですが、様々な理由からどうしても四駆の車を購入しなくてはいけなくなった。雪国に転勤になり、シブシブFR車を手放さなくてはいけなくなった。という方もいると思います。

 

「これで俺もスポーツカー引退か・・・」

 

と思っている方多いのではないでしょうか?

 

まだまだ諦める必要はないのかなと思います。だって、スポーツカーは4WDでも存在しているのですから!どうにかしてスポーツカーを乗り続けたい。そんな気持ちでいるあなたに代わって、今から乗る・買う四駆のスポーツカーを調べてみました!参考にして頂けると嬉しいです!

 

 

今買いたい四駆スポーツカー一覧

 

日産GT-R

 

日産GT-R

 

日産GT-R

 

泣く子もだまるしかないクルマと言えば、日産GT-Rです。加速が良いとか、コーナーで良く曲がるとかそんなGT-Rには当たり前の性能についてはもう説明不要ですね。

 

パワートレインとハンドリングはもちろんですが、ドライバーの気持ちを上げてくれるエンジン音はやはり手にした人にしか味わえない優越感。今までのクルマを同じように、同じスピードで走ったとしても、GT-Rは全く別の道に変えてくれるでしょう。

 

 

日産スカイライン

 

日産スカイライン

 

スポーツカーならかっこいいのは当たり前。それでいて日産スカイラインは美しい。という言葉がよく似あいます。さらにハンドリングとエンジン性能は、走りに厳しいひとでも満足のできる一台に仕上がっているんです。

 

価格は高いと感じるかもしれませんが、トヨタでいえば「レクサス」のレベルで作られたクルマです。細かいところの出来はまさに一級品。

 

 

三菱GTO

 

三菱GTO

 

今の時代にはないフォルム。最近のクルマは良いデザインがないなと思っている方にはたまらないデザインのクルマではないでしょうか。

 

完全に日本車ですが、アメ車のようなボディサイズで迫力があります。とは言え、このようなスポーツカーですから、燃費やら居住性、積載性を求めるのは間違いですね。3.0V6ツインターボを4WDでしっかりと受け止めて走りますので加速は申し分なしの1台です。

 

 

三菱ランサーエボリューション

 

三菱ランエボ

 

割とコンパクトサイズなボディですが、想像もつかない爆発的加速はそこはエボです。アクセルは踏んだ分だけどんどん加速していきます。加速してもコーナーの安定性能はやはり一流品。

 

クルマとしてのメリットはたくさんあっても、デメリットはほとんどなく、むしろスポーツカー好きな人が乗るには広すぎな印象の車ですね。

 

 

スバルインプレッサ

 

スバルインプレッサ

 

コンパクトサイズ5ナンバー、2000tで240馬力あり動力・加速性能はとても良い。さらに静粛性も高いです。安定性能は国産車の中でも、トップクラスと言って過言ではないはず。

 

そしてスバルの水平対向ボクサーエンジンです。世界的スポーツカーメーカーポルシェが採用しているエンジンを、日本で唯一採用するスバル。この病み付きになってしまうボクサーエンジンを低価格で運転することができます。

 

(トヨタ86はスバルと共同開発しているため水平対向ボクサーエンジンを採用)

 

水平対向エンジンとは

 

 

 

スバルWRX STI

 

スバルWRX STI

 

まるでFR車のような走りをしてくれるWRX。安定性能は高く、路面を選ばずに安心して運転することができ、加速・減速と言った基本的走行性能はすばらしいの一言です。

 

走行性能はもちろんスポーツカーそのものですが、実用性も兼ね備えているので、万が一ファミリーカーが欲しいという方でも選択肢に入れることのできる車。タフな場面ではその踏ん張りが「らしさ」を発揮します。

 

 

トヨタセリカ GT-FOUR

 

トヨタセリカ GT-FOUR

 

トヨタセリカ GT-FOUR

 

2L+ターボの加速はやはり気持ちが良い。デザインはまさにスポーツカーらしく、それでいて色あせないデザインです。燃費も加速もよく、故障が少ないと評価も高いクルマ。

 

丸目4灯、リアビュー・サイドビューがカッコ良いと一目ぼれするユーザーが多いのもこのセリカの特徴・魅力です。今だからこそ乗りたいトヨタデザインがこの車にはあるのです。

 

 

スターレットGT

 

スターレットGT

 

現在の軽自動車並みの860キロの車両重量で、エンジンは135馬力。高速の合流なんかも問題ありません。古いターボ車ですが、燃料はレギュラー。燃費も普通に走っても14km/lくらいと最近の車とも十分に比較できる対象になります。

 

古いクルマですが、他社のように部品が高くなっていないためセカンドカー使用にもおすすめ。最近のコンパクトカーには無い加速感・スポーツ感を楽しめる1台。

 

 

関連ページ

憧れのドイツ車フォルクスワーゲンに乗りたい!今コスパが良い中古車8選
とにかく憧れのドイツ車フォルクスワーゲンにいつか乗りたい!と思っている方は多いと思います。外車だから高い。どれがいいのかわからない。という方に100万円以下で購入できるコスパの良いワーゲン中古車を紹介します!
意外な結果!軽自動車とコンパクトカーどっちが維持費安いの?
大好きな車のことをライターの個人的な目線多めで紹介していきます。車が大好きな人の暇つぶし的なコンテンツにして頂けると嬉しいです!
ビッグモーターとガリバーの車買取どっちが良いのか比較【査定してきた】
大手中古車買取の二強と言えば、ビッグモーターとガリバーです。買取シェアのナンバーワンを争う二社で実際に査定をしてきました。どっちが良いのかわからない方の参考になれば嬉しいです。

車を高く売るなら

車を高く売るなら

車査定について

買取り業者の評判

車買取査定コラム

自動車ローン

カーシェアリングについて

このページの先頭へ