MENU

色々な面から客観的に比較検討することが大切です

 

気になる自動車ローンの候補が複数ある場合、最終的にどれを選べば良いか迷うこともあるでしょう。

 

自動車ローンを選ぶ際は、いくつかの判断基準があります。そのポイントを抑えつつ、比較決定してみてください。まず、一番の判断基準は金利です。ディーラー系を通した自動車ローンよりも、銀行系の自動車ローンの方が金利面では低くなる傾向があるため、各銀行の金利を確認してみましょう。ここでポイントとなるのは、返済能力が高く信用性のある人へ低い金利で貸し付けしてくれるということです。

 

貸し出す側は、その判断を申し込み時の審査によって厳しくチェックします。申し込みする全ての人が低金利で契約出来る訳ではないので、まずは各社の審査基準を確認し、自分が条件をクリアしているかを確認してみることが大切です。それを踏まえて、返済期間や金利面の妥協点をみつけゆとりある返済計画をたてることが重要となります。

 

また、返済計画を立てる上でポイントとなるのが「固定金利」と「変動金利」の選択です。ここ数年は低金利の時代が続いているため変動金利を選択する人も多く、実際に低金利が続けば固定金利より支払い総額が安くなります。しかし、世の中の経済動向は日々変化しており、3年後、5年後の市場の動向は誰にも判断できないのも確かです。固定金利は借入から返済まで一定した金利で返済が可能なので、経済全体の流れで金利が急に上がる事態に陥っても、契約した時点での金利のまま安心して返済することが可能です。こうした点をふまえ、客観的視点も加味しながら判断する事が返済計画を立てる重要なポイントになるのです。

 

最後に、忘れてはならない判断基準として「支払い総額」があります。つい、月々の返済額や金利の低さにばかり気を取られてしまいがちですが、自動車の購入は長期的な支払いであることを再度頭にいれておきましょう。低金利だからといって毎月の返済額を抑え過ぎても総支払額は減らず、結果長期的に金利を支払いつづけることになります。その反面、高金利でも返済期間を短く設定することで、総支払額を抑えることは可能です。ネット上で返済額のシュミレーションを試してみるのも良いでしょう。また、信頼できるスタッフや会社を選ぶこともポイントです。自動車ローンは色々な面から客観的に比較検討することが大切です。総合的に自分にとって得になる自動車ローンに出会えると良いですね。

 

 

車を高く売るなら

車を高く売るなら

車査定について

買取り業者の評判

車買取査定コラム

自動車ローン

カーシェアリングについて

このページの先頭へ