MENU

事故歴と修復歴の間違い

 

事故歴と修復歴の間違い

車を売却する場合、買取業者のスタッフ(車査定士)が車の査定を行いますが、どのような基準をもとに査定をするのでしょうか。基本的に中古車の査定基準は、日本自動車協会が設定しています。

 

国産車、外国車、車種などにより分類され、さらに年式や走行距離、車内外の傷や劣化状況、装備品やエンジンの状態、事故歴や修復歴など様々な査定項目が決められています。らさらにここから各買取業者独自の点検項目や在庫状況、販売力など調整項目が加わり査定価格が決まっていきます。ですから各買取業者によって同じ車でも査定額は違ってくるわけです。

 

ちなみに「事故歴」と「修復歴」とは厳密に定義に違いがあります。間違って認識されている方も多いですが、例えば軽い接触事故などを起こしたとします。これは「事故歴」としてカウントされます。ですが、この事故でへこみを板金修理したり、バンパーを交換する程度では「修復歴」にはカウントされません。ドアを一枚丸ごと交換しても、これも「修復歴」とはなりません。

 

「修復歴」とは、車体のフレームや骨格部分に変形を伴うようなダメージがあり、それを溶接や交換などで修復した場合に初めて「修復歴」としてカウントされます。中古車査定の場合、「修復歴」は大きなマイナス要素になりますが、「事故歴」はあるがキチンと修理された「修復歴のない車」は、さほどマイナス査定にはならないので、気にしなくても良いのです。

 

 

車を高く売るなら

車を高く売るなら

車査定について

買取り業者の評判

車買取査定コラム

自動車ローン

カーシェアリングについて

このページの先頭へ