愛車を売却したいと思ったときに売るのがベスト

 

愛車を売却したいと思ったときに売るのがベスト

自動車各メーカーでは、車種ごとに2年〜6年でモデルチェンジして新車販売が行われるといわれます。愛車を売却したいと思っている方にもモデルチェンジは他人ごとではありません。同車種ならば、ディーラーでもモデルチェンジした車と、旧モデルの車では値引き率は明らかに違ってきます。中古車にとっても同じことで、モデルチェンジされると途端に査定額に影響してきます。

 

では、モデルチェンジされる前に売ってしまえば良い、と考えるかもしれません。しかし、モデルチェンジがいつあるのかなんて一般の方にはなかなか分かることではありません。メーカー側は約1ヵ月前からCMなどの新車のプロモーションを始めます。ですが皆が知るわけですから、それから愛車を売却するのでは遅いのです。

 

また、同車種のモデルチェンジだけでなく、ライバルメーカーの同系統の車種(例えばトヨタ・アクア、ホンダ・フィット、マツダ・デミオなど)のモデルチェンジでも査定価格に影響してくることがあります。そうなると、どうやって愛車売却の時期を見極めればよいのか、ますます分からなくなります。

 

ですから、車を買い替えたい愛車を売却したい、と考えて、ある程度リーサーチをしたら見切りを付けてさっさと売却してしまうのがベスト。という事にもなってしまいます。また、一般的に中古車は、年式が落ちる(古くなる)だけで査定額は下がります。そういう観点から見ても、少なくとも売りたいと思ったその年のうちには売却してしまうのが良いでしょう。

 

車を高く売るなら

車を高く売るなら