MENU

購入から5年経過した車は査定額がつきにくい?

 

購入から5年経過した車は査定額がつきにくい?

中古車販売の市場では、「購入から5年経過した車は査定額が付かない」と耳にすることがあります。これは本当でしょうか?実際、車は古くなればなるほど価値は下がりますし、「販売から5年」という時期は車のフルモデルチェンジのサイクルに重なります。当然フルモデルチェンジの車が発売されれば、旧モデルの価値は下がってしまします。

 

一般的に考えて、高価な買い物である車を、そうそう頻繁に買い替えることはできません。5年、10年と大切に乗っている方も多いはずです。その車を買い替えるにあたり、愛車の査定が付かないというのは悲しいことです。ですが実際は、中古車販売ルートは日本国内だけではありません。日本の車の性能と耐久性は世界でも人気が高く、世界市場でもは販売できるため、それなりの査定額を提示してくれると思います。

 

中には5年以上たっても、高値で取引される人気車もあります。人気の年式や絶版になったスポーツカーなどは逆にプレミアがついて100万以上の値が付くものもあります。また、ワゴン車やワンボックスタイプの車は、商用車や作業車用に人気が高く、多少年式が劣っても需要が見込めます。「もう古い車だから」とあきらめる前に、まずは一度、一括査定サイトなどを利用して見積もりを取ってもらうことをお勧めします。

 

 

車を高く売るなら

車を高く売るなら

車査定について

買取り業者の評判

車買取査定コラム

自動車ローン

カーシェアリングについて

このページの先頭へ