カスタマイズされた車はマイナス査定になりやすい

 

カスタマイズされた車はマイナス査定になりやすい

車にはその持ち主の個性が反映されます。車好きの人であれば尚更です。自分好みにカスタマイズしたりドレスアップしたりするのは車の楽しみの一つでもあります。

 

こだわりのパーツや装備品によってお金を掛けてカスタマイズされた車が、買取時に評価されるかと言ったら、残念ながらそうではありません。基本的にマイナス査定にされる事の方が多いのが現状です。

 

買い取った車は、早く売却して利益を上げる必要があります。そういう観点から、こだわりのカスタマイズされた車は万人受けせず、販売業者にとっては売りにくい車になってしまいます。ディーラーで下取りする場合には特にその傾向が強く、社外パーツは評価対象にはならないのです。

 

車を売却することを考えて、新車購入時に装着されていた部品や装備品などの純正品は、しっかり保存しておく事をお勧めします。もちろんカスタマイズされた車を取り扱った専門店も存在しますし、純正品以外の社外パーツは、オークションサイトに出品してみたり、カスタムパーツを専門に買い取ってくれる業者もあるので、色々調べてみると良いでしょう。個人では取り外しの難しいカーナビやオーディオ類は、取り外しを業者に頼むと工賃を取られることがあるので、自分で取り外しを試みて車内を傷つけるよりは、そのまま査定に出した方が良いかもしれません。

 

車を高く売るなら

車を高く売るなら