MENU

車を売るなら1月2月3月と9月10月がベスト

車を売るなら1月2月3月と9月10月がベスト

 

車の売却を考えるとき、大事なのがタイミングです。いつの時期に売るか、どのタイミングで売るかによって、中古車の査定額は大きく変わります。どうせ愛車を売るなら、損をしないで高く売りたいのは当たり前。そこで、車売却におすすめの時期、ベストタイミングをご紹介します。

 

中古車の売却にむいている時期は、年に2回あります。まず1月〜3月、そして9〜10月がおすすめの時期。この時期には進学や就職、転勤などで車を必要とする人が一気に増えます。需要が増加するので、中古車を供給する販売店は買取を強化。

 

売れるとわかっている品物は、多少高くても購入しておくのが販売店ですから、中古車市場でも売り手に有利な時期なのです。とくに人気の車種は在庫を持っておきたいという買取店側の意向もあり、査定額も高めの傾向です。ついでに言うと、中古車を売却した後に、新車を購入しようという人にも1月〜3月と9〜10月はおすすめ。ディーラーの決算期や半期決算の時期で、お値打ちに車を買えるのです。

 

車が高く売れるタイミングはモデルチェンジ前

 

時期にかかわらず、車が高く売れるタイミングもあります。たとえば、所有している車がフルモデルチェンジをする前です。中古車の査定額は、現行モデルの車か型落ちモデルなのかで大きく変動しますから、モデルチェンジ前に現行モデルとして売却するのが、結果的に損をしないタイミングです。

 

ただし、モデルチェンジのタイミングを知るのはとても難しいのがネックです。フルモデルチェンジはだいたい4〜5年ごとのペースで行われ、エンジンや車の昨日、デザインなどが一新されます。車の名前は同じでも中身がそっくり変わっていることになりますから、フルモデルチェンジ後は型落ちモデルとなり、査定金額はそれほどあがりません。

 

またマイナーチェンジは2〜3年ごとが目安で、内装や外装のデザイン変更やグレードの追加、技術改良などを行います。フルモデルチェンジもマイナーモデルチェンジも、だいたい9〜11月ごろに行われることが多いので、自分が所有している車のモデルチェンジがそろそろか、と思ったら、早めに車売却を検討するのが良いでしょう。

 

走行距離と査定額の関係

 

一般的に、走行距離は5万キロと10万キロが一つの目安だといわれています。この数値を超えると、査定金額、買取金額が下がることがありますが、これについては単純に走行距離が長すぎるから金額が下がるということでもないようです。

 

たとえば走行距離が5万キロをこえている車であっても、メンテナンスが良くされていて、状態が非常にいい車であれば、走行距離4万キロの車よりも査定額が高くなる可能性があります。このように、車の売却金額は時期やタイミングによりますので、気になるときはまず査定を依頼するのがいいでしょう。

お車の買い替えをご検討中の方へ

■下取り相場を知らないと損をします


よくある失敗はディーラーで好条件を提示され、具体的な下取り相場を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件のようでも実は相場より安く、損をしてしまうことが多いです。

■買取専門店にお願いするの方法

買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、ディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いです。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店の査定額を調べられるので便利です。(無料)

■スマホで簡単に愛車の査定額を調べられる

ズバット車買取比較ならスマホやタブレットで、調べたいときにすぐに愛車の査定額を調べることができます。膨大な過去の買取データがあるので愛車が今いくらで売れるのかがすぐにわかるんです。しつこい営業電話もありません。

必ず売却しなければいけない査定サービスではないので、何度でも利用することができます。(無料)

ズバット車買取比較


車査定について

買取り業者の評判

車買取査定コラム

自動車ローン

カーシェアリングについて

このページの先頭へ